塾講師の仕事内容

学習塾といっても受験指導に重点を置く進学塾があったり、学校の授業での予習や復習を中心に行う補習塾があったりなど、一種類だけではなく、様々な学習塾が存在します。 また、塾に通っている子供たちは、学習意欲に満ちた子供から、逆に授業についていけないから通う子供まで様々です。 そのため、塾講師が学校とは異なるその塾独自の特徴を生かして、生徒一人一人にマンツーマンで教える方式の指導を行っている学習塾もあります。

例えば、進学塾の場合は、学年や科目、学力に応じてクラス編成がされており、入試問題の傾向などを調べるなどして、生徒に合った対策を立てて学力の向上を図っています。 そして、必要な時期になると、模擬テストなどを繰り返し行っていきます。 塾講師として働きたいという場合は、規定の勤務時間によりますが、大体8時間程度勤務することが一般的です。 時間講師の場合は、自分のスケジュールに合った時間にシフトを入れて仕事をするという形になっています。 しかし、シフトにすると労働条件が安定しないということも多くなっているそうです。

また、学校が長期連休などに入ると、授業や試験を行うことが多くなるため、土曜日が勤務日になるということもあります。 このように、塾講師といっても様々な仕事内容があります。塾講師になりたいと思っている場合はどういったタイプの塾講師になりたいのかということをあらかじめ決めておくことが大切です。 その為にも今回は塾講師についての詳しい情報を説明します。



※管理人推奨サイト
塾講師の多様な働き方が紹介されているのはこちらのサイトになります ⇒ 塾講師 働き方